Q.人材派遣の料金形態はどうなっていますか?
A.派遣開始までに発生する費用はありません。
派遣開始後は、派遣料金として「時間単価」×「派遣スタッフの実働時間数」をご負担いただきます。
なお、時間単価は地域や業務内容によって異なりますので、ご依頼内容に応じてお見積もりします。
Q.人材派遣の対応エリアに制限はありますか?
A.日本全国(一部離島を除く)にて対応しています。
ゼロン東海では日本全国にサービスネットワークを展開していますので、派遣を希望される地域の近隣オフィスが対応させていただきます。
Q.依頼からどのくらいの日数で派遣してもらえますか?
A.迅速に対応していますが、業務内容や必要とするスキル、登録状況などによって派遣スタッフの人選にかかる日数が異なります。お問い合わせください。
Q.見積りだけ出してもらうことはできますか?
A.ゼロン東海では、見積りだけのご依頼も承っております。当社(052-386-3002)までお問い合わせください。
また、メールでのお問い合わせも可能となっております。
Q.派遣されるスタッフは毎回違う人が派遣されるのですか?
A.いいえ、基本的に、ゼロン東海では固定のスタッフを派遣いたしますので、同じスタッフが長期的に勤務いたします。
Q.派遣社員とは何でしょうか。正社員や契約社員とどのように違うのでしょうか?
A.一般的な労働契約と派遣契約の違いは、「雇用関係」と「指揮命令関係」が分離している点にあります。派遣スタッフと雇用契約を結ぶのは、派遣スタッフを受け入れる企業ではなく派遣会社です。正社員、契約社員とは異なり、派遣スタッフへの給与の支払いは、派遣会社が行います。
Q.給与の計算や支払いはどうなるのですか?
A.スタッフの給与計算および支払いはゼロン東海が行います。
Q.連絡の窓口はどのようになりますか?
A.ゼロン東海では御社専任の担当者を設定いたしますので、店舗と共に良い職場環境の提供に努めます。
Q.派遣に関する契約書について保管義務はありますか?
A.派遣に関する契約書の保管義務は以下のとおりです。

<労働者派遣基本契約書>
書面内容: 法人間の取り引き上の基本事項(機密保持・支払条件など)
保管義務: 労働者派遣法での定めなし

<労働者派遣契約書>
書面内容: 個別の派遣契約内容(期間・業務内容・人数など)
保管義務: 労働者派遣法での定めなし
※契約当事者間で契約内容を確認する目的から、契約期間中は保存しておくことが望ましい

なお、派遣先管理台帳については以下のように保管義務があります。

<派遣先管理台帳>
書面内容: 派遣スタッフの就業実績など
保管義務: 労働者派遣法にて定めあり、派遣が終了した日から3年間

Q.派遣契約の際に必要なものは何がありますか?
A.派遣契約の締結にあたっては、指揮命令者・派遣先責任者の選任が必要です。それぞれの役割などについては、以下のとおりです。なお、指揮命令者と派遣先責任者の兼務は可能です。

<指揮命令者>
役割: 派遣スタッフへの業務指示者
選任対象: 派遣スタッフに対し、直接指揮命令する立場にある方

<派遣先責任者>
役割: 派遣元との連絡調整、派遣スタッフの苦情対応などの窓口
選任対象: 人事・労務などの知識を有し役割を的確に遂行できる方
選任条件: 派遣先事業所ごとに派遣スタッフ100人につき1名以上
※派遣先が雇用する社員および派遣スタッフの人数が5人以下の場合は不要

Q.交通機関のトラブルで派遣スタッフが遅刻した時間は、労働時間の扱いになりますか?
A.労働時間は派遣スタッフが業務を開始した時刻から算出します。
そのため、遅刻した時間分はその理由にかかわらず労働時間には含みません。
Q.派遣スタッフへの就業中のフォローは誰が行うのですか?
A.派遣元(雇用元)と、派遣先(使用者)が、それぞれ以下のような役割を持って対応します。

<派遣元>
定期的に派遣先を訪問し、派遣スタッフの就業実態と契約内容に相違がないことの確認や、就業上での不安や問題の早期発見に努め、安定就業を図ります。

<派遣先>
派遣スタッフの就業実態が契約内容と相違しないよう、契約内容の範囲内で業務の指示を行います。
派遣元から就業上での相談があった場合には、派遣元とともに問題の解決を図ります。

Q.契約の更新は派遣先から派遣スタッフに直接行ってよいですか?
A.派遣スタッフの契約期間は、雇用元である派遣会社との「雇用契約」によって定められています。
したがって、派遣スタッフと雇用関係のない派遣先が、雇用主である派遣元に代わって契約期間延長の意思確認を行うことはできません。また、「雇用契約」に関わる確認を行うことは、雇用関係があると誤解される恐れがありますのでご注意ください。